クラシック ピアニスト

ラファウ・ブレハッチを紹介するよ【現役最高のショパン弾き】評価や略歴・結婚について

今回はショパンと同郷で現役ではトップクラスの実力派ピアニスト、ラファウ・ブレハッチさんのご紹介です。
ラファウ・ブレハッチさんはショパン国際ピアノコンクールでの活躍が有名ですが日本のある小説ともゆかりのあるピアニストです。
そんなエピソードやおすすめ動画・おすすめCDなど中心に書いてますので是非ご覧ください。

ラファウ・ブレハッチについて

クラペン
クラペン
日本のコンクールでも入賞経験あり


動画の爽やかな好青年が第15回ショパン国際ピアノコンクールを制したピアニスト、ラファウ・ブレハッチさん。
容姿がどことなくショパンに似ていると言われてますが如何ですかwww
シャイで繊細な感じがショパンに通じるところがあるかな・・・。

ラファウ・ブレハッチの略歴

■ラファウ・ブレハッチの略歴

  • 生年月日:1985年6月30日
  • 出身地:ポーランド
  • 学歴 :フェリクス・ノヴォヴィエイスキ音楽大学
  • 楽器担当:ピアノ
  • 主なレーベル:ドイツ・グラモフォン
  • コンクール成績:第5回浜松国際ピアノコンクール第2位、第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝

ラファウ・ブレハッチの家族・結婚について

ラファウ・ブレハッチさんはショパンと同じ、ポーランド生まれ。
世界レベルのコンクールで優勝するような音楽家は両親も音楽関連の仕事をしているなど、子どもの頃から音楽を嗜む環境にあることが多いですが、ラファウ・ブレハッチさんの場合はそのような恵まれた環境で育った訳ではなく、教会でオルガンを弾くようになったのが音楽を始めたきっかけだとか。

1985年生まれなので年齢は30代前半ですが今のところ結婚はされておらず独身のようです。公表していないだけかもしれないですがwww

浜松国際ピアノコンクールで2位入賞

5歳でピアノを始め、初めて国際クラスのコンクールに出たのは日本の浜松国際ピアノコンクールです。
ラファウ・ブレハッチさんはこの浜松国際ピアノコンクールに出るまで自宅にあるアップライトピアノで練習していたそうです。
それを知ったワルシャワ市が慌てて2か月間、グランドピアノを貸したとか・・・。

そして同大会で2位に入賞し、その賞金でグランドピアノを買ったそうです。

一流のピアニストは一流の環境でないと育ちにくいと思ってましたが・・・
大変失礼な言い方かもしれませんが庶民的で親近感が湧きますwww

ちなみにラファウ・ブレハッチさんが2位入賞した浜松国際ピアノコンクールを舞台にした小説があるので紹介させていただきます。

 

こちらは『蜜蜂と遠雷』の作者、恩田陸さんとの対談記事です。

ブレハッチ×恩田陸『蜜蜂と遠雷』対談「ショパン演奏に潜む苦悩と美学」

ショパン国際ピアノコンクールで圧倒的強さで優勝

ラファウ・ブレハッチさんが参加したコンクールの成績は下記の通り。

■ラファウ・ブレハッチのコンクールの成績

  • 1999年:青少年のためのポーランド・ショパンコンクール第2位
  • 2002年:アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール第2位
  • 2003年:第5回浜松国際ピアノコンクール第2位(1位該当なし)
  • 2004年:第4回モロッコ国際ピアノコンクール優勝
  • 2005年:第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝

こうみると浜松国際ピアノコンクール以前は2位に甘んじてましたが、グランドピアノを買った効果があったのか、2004年には第4回モロッコ国際ピアノコンクール優勝、そして2005年の第15回ショパン国際ピアノコンクールで優勝しました。

ショパン国際ピアノコンクールは5年に一度、ショパンの祖国であるポーランドで開催される世界最高クラスのピアノコンクールです。

ショパン国際ピアノコンクールについてはブーニンの記事で詳細に書いたので合わせてご覧ください。

ブーニン【生い立ちから現在まで】ショパン国際ピアノコンクールで伝説となったピアニストについてご紹介今回はスタニスラフ・ブーニンのご紹介です。 ベテランのクラシック音楽愛好家の方はご存知の方も多いと思いますが1985年ショパン国際ピア...

ラファウ・ブレハッチさんは第15回ショパン国際ピアノコンクールで優勝したのですが、それだけでなくマズルカ賞、ポロネーズ賞、コンチェルト賞、ソナタ賞とあらゆる賞を総なめにしました。
しかも2位は該当なし。

圧倒的ですね!

ショパンと同郷のポーランド出身のコンクール優勝者は1975年の第9回コンクールのツィマーマン以来となる快挙でした。

ショパン国際ピアノコンクールで活躍した他のピアニストたちの紹介記事もありますので合わせてご覧ください。

マウリツィオ・ポリーニ【衰えを隠せない】以前は他の追随を許さない完璧な技術力今回は現役最高峰のピアニストの一人、マウリツィオ・ポリーニ(以下、ポリーニ)のご紹介です。 どんなに細かい譜面でも難なくこなしてしまう...
マルタ・アルゲリッチ【ショパン国際ピアノコンクールも制した最高峰の美人ピアニスト】今回はピアニスト、マルタ・アルゲリッチのご紹介です。 現役のピアニストの中では最高峰と謳われる一人です。 自由奔放で情熱的、良い意味...
アシュケナージ【ショパンを聴くなら鉄板】指揮者もこなす多才のピアニスト今回はウラディーミル・アシュケナージ(以下、アシュケナージ)のご紹介です。 現在においてマルタ・アルゲリッチ、ポリーニと並び、最高峰と...
エリック・ルーを紹介するよ!【リーズ国際ピアノ・コンクールを制した期待のピアニスト】エリック・ルーさんについてご紹介します。 2015~2018年の間で数々の国際コンクールで好成績を収めた期待の若手ピアニストです。 ...

ショパン国際ピアノコンクール以降の活動

ショパン国際ピアノコンクールに優勝して以来、ドイツ・グラモフォンと契約。
ヨーロッパ・アジア等、世界各国で精力的に演奏活動を行ってます。

日本でも度々、コンサートを開いてますね。
2017年のコンサートでは体調を崩してキャンセルとなってしまいましたが、2018年の3月に本人の強い希望もあり、来日公演を果たしました。

ラファウ・ブレハッチの評価

クラペン
クラペン
Twitterでの評価を見てみるよ!

Twitterでの評価も上々ですね!
浜松国際ピアノコンクールでのグランドピアノの件は庶民派ピアニストって感じで好印象のようです。
またこの浜松国際ピアノコンクールでは2位に輝いているのですが、Twitter情報では書類選考で一回落ちているとか・・・。
(敗者復活戦で本選出場が決まったとか)

このようなサクセスストーリーにも惹かれますね~!

ラファウ・ブレハッチのおすすめ動画

クラペン
クラペン
演奏している様はショパンを思わせるね

英雄ポロネーズ

ショパンの曲でも特に有名な曲の一つ『英雄ポロネーズ』。
タイトルの通り雄大なイメージのする曲ですがラファウ・ブレハッチさんの演奏は何処かしなやかな感じがします。

『英雄ポロネーズ』についてもっと知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

ショパンのポロネーズを聴いてみよう!【英雄ポロネーズ、幻想ポロネーズが有名】今回は『ピアノの詩人』ショパンが作ったピアノ曲『ポロネーズ』をご紹介します。 ポロネーズとはショパンの祖国であるポーランドの民族舞踊が...

ピアノ協奏曲第1番

ラファウ・ブレハッチさんの繊細で美しい演奏に大迫力のオーケストラが加わり、聴きどころ満載のピアノ協奏曲第1番です。

ラファウ・ブレハッチのおすすめCD

クラペン
クラペン
ラファウ・ブレハッチさんのおすすめCDのご紹介!

ラファウ・ブレハッチII

圧倒的な差をつけて優勝した第15回ショパン国際ピアノコンクールの演奏を収録したアルバムです。
ラファウ・ブレハッチさんを最初に聴くならやはりこの1枚!
世界的脚光を浴びるきっかけとなった同コンクールでの素晴らしい演奏を堪能していただければと思います。

バッハ・リサイタル

音楽を始めたきっかけが教会のオルガンというラファウ・ブレハッチさんにとってバッハの音楽は思い入れが深いそうです。
華奢な容姿、繊細で叙情的な演奏スタイル、ショパン国際ピアノコンクールで優勝など「ショパン弾き」というイメージが強いラファウ・ブレハッチさんですがバッハの曲の演奏も素晴らしいです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

年齢もまだまだ30代前半です。
今後の活躍がますます期待できる実力派ピアニストです。
2018年は来日公演をしてくれましたが、来年以降も是非、日本にきて素晴らしい演奏を聴かせて欲しいですね。

クラシック音楽をお得に聴くにはこれ!

クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!
でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。

しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。
今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。
是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください!
新規登録後30日間は無料です。

プライム会員の情報をもっと知る