クラシック ピアニスト

エリック・ルーを紹介するよ!【リーズ国際ピアノ・コンクールを制した期待のピアニスト】

エリック・ルーさんについてご紹介します。
2015~2018年の間で数々の国際コンクールで好成績を収めた期待の若手ピアニストです。
エリック・ルーさんのプロフィールやエピソード、おすすめ動画・CD、SNSでの評判を見ていきたいと思います。

エリック・ルーについて

クラペン
クラペン
将来的にも有望な若手ピアニスト!

エリック・ルーのプロフィール

■エリック・ルーのプロフィール

  • 生年月日:1997年12月15日
  • 出身地:アメリカ合衆国
  • 学歴:カーティス音楽院
  • 楽器担当:ピアノ
  • 主なレーベル:Warner Classics
  • 主な受賞歴:リーズ国際ピアノ・コンクール1位

エリック・ルーさんはアメリカ合衆国、マサチューセッツ州出身の中国系アメリカ人。
6歳からピアノを始めます。
カーティス音楽院ではジョナサン・ビス氏、ロバート・マクドナルド氏に師事。
そしてショパン国際コンクールでアジア人初の優勝を成し遂げたダン・タイ・ソン氏の弟子でもあります。
ダン・タイ・ソン氏がショパン国際コンクールで優勝したのは1980年のこと。
1985年に優勝したブーニンの前の大会となります。2015年にはショパン国際ピアノコンクールの審査員も務め、同大会の3~5位までの入賞者の指導に携わっていたことも話題になりました。
(3位:ケイト・リウ、4位:エリック・ルー、5位:イーケ・(トニー・)ヤン)

ダン・タイ・ソン氏は2015年のショパン国際コンクールの最中、インタビューを受けた際、

「それぞれ強烈な個性と才能を持っているので、彼らの持っているものを壊さないように気をつけた」

と語ったいたそうです。
弟子の個性を尊重して伸ばすタイプの指導者のようですね~。

エリック・ルーさんはショパン国際ピアノコンクール時は17歳でしたが非常に成熟した演奏で「落ち着いた」「内向的」な印象を与えるピアニストです。
子どもの頃からショパンの「バラード第4番」のような難解で大人な感じの曲を好んでいたようです。
彼のピアノの個性を見るとショパンの曲は相性が良いかも知れませんね。
実際、17歳で挑戦した世界最高峰のショパン国際コンクールでは第4位の好成績を収めて一躍、脚光を浴びることになります。

エリック・ルーのコンクールでの成績

■エリック・ルーさんのコンクール受賞歴

  • エトリンゲン青少年国際ピアノコンクール(2010)1位
  • ミネソタ国際E-ピアノ・ジュニア・コンクール(2013)1位
  • 若いピアニストのためのモスクワ国際ショパン・コンクール(2014)1位
  • 全米ショパン・コンクール(2015)1位
  • ショパン国際ピアノコンクール(2015)4位
  • 国際ドイツピアノ賞(2017)1位
  • リーズ国際ピアノ・コンクール(2018)1位

最初の主だったコンクールでの受賞歴は2010年。
エリック・ルーさんは1997年生まれなので13歳の頃でしょうか。
その後も2015年の「全米ショパンコンクール」までの間、アメリカのジュニアコンクールで幾つも1位を獲得してますね。

そしてエリック・ルーの名が世界的に知れ渡ったのはやはりショパン国際ピアノコンクールです。
17歳で見事、4位に輝きます!
2018年にはリーズ国際ピアノ・コンクールで優勝を飾り、CDデビューもします。
リーズ国際ピアノ・コンクールは1961年から始まる国際的なピアノ・コンクールですが近年は審査員の世代交代が上手くいってない等、他のピアノコンクールに人気を奪われがちでしたがエリック・ルーさんの活躍により是非、今後は挽回して欲しいものです。

これからの活躍がますます期待される若手ピアニストです!

エリック・ルーのSNSでの評判

Twitterでの評判を調べたところ、まだそんな多く言及されている訳ではないみたいですが軒並み良い印象のツイートですね。
もっと日本でコンサートをしてくれるようになればツイートも増えてくると思います。

エリック・ルーのおすすめ動画

クラペン
クラペン
エリック・ルーのおすすめ動画!

バラード第4番 ヘ短調 Op. 52

子どもの頃から好きだったというショパンの『バラード第4番』。
繊細で大人びた演奏ですね!

エリック・ルーのおすすめCD

クラペン
クラペン
エリック・ルーのおすすめCD!

リーズ国際ピアノ・コンクール2018優勝記念アルバム

タイトル名通り、リーズ国際ピアノ・コンクールを優勝したことにより、作られたアルバムです!
収録曲はショパンの『バラード第4番ヘ短調Op.52』『ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.35「葬送」』そしてベートーベンの『ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58』。
どれもエリック・ルーさんの大人びた味わい深い演奏を堪能するにぴったりな大人な曲です。

まとめ

今でも充分に素晴らしいですが・・・。
今後はますます世界を舞台に活躍してくれるでしょう!
日本にも頻繁に来て欲しいですね~。

以上「エリック・ルーを紹介するよ!【リーズ国際ピアノ・コンクールを制した期待のピアニスト】」でした。

クラシック音楽をお得に聴くにはこれ!

クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!
でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。

しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。
今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。
是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください!
新規登録後30日間は無料です。

プライム会員の情報をもっと知る