クラシックヴァイオリニスト

ヒラリー・ハーンを紹介するよ!【バッハ:シャコンヌでデビューしたグラミー賞ヴァイオリニスト】

現役最高クラスの実力を持つヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンさんのご紹介です。
ヒラリー・ハーンさんの経歴、評判、おすすめ動画・CDなどを中心に書いてますので是非ご覧ください。

ヒラリー・ハーンのご紹介

 

View this post on Instagram

 

Hilary Hahnさん(@violincase)がシェアした投稿

クラペン
クラペン
この人がヒラリ・ハーンさん?

そうです!
この方が現役最上位のテクニックを持つと評されるヒラリー・ハーンさん。
20年以上も世界の最高峰で活躍されているヴァイオリニストです。

ヒラリー・ハーンの経歴

■ヒラリー・ハーンのプロフィール

  • 生年月日:1979年11月27日
  • 出身地:アメリカ合衆国
  • 学歴:カーティス音楽学校(フィラデルフィア)
  • 楽器担当:ヴァイオリン
  • 主なレーベル:ドイツ・グラモフォン
  • 主な受賞歴:グラミー賞(2003年)

ヒラリー・ハーンさんはアメリカ合衆国出身のドイツ系アメリカ人。
4歳になる直前から地元の音楽教室でヴァイオリンを始めます。
最初の1年はスズキ・メソードプログラムで練習したとか・・・。
師事したのはレニングラード英才音楽学校で教鞭を取った経歴を持つ、クララ・ベルコヴィチさん。
ここでは5年間レッスンを受けて、10歳にはカーティス音楽学校に入学します。
以降の7年間はウジェーヌ・イザイの最後の門下生として有名なヤッシャ・ブロツキー氏に師事しました。
ウジェーヌ・イザイといえば1900年前後に活躍したヴァイオリニストで高い技術と表現力で後のヴァイオリン音楽に大きな影響を与えた人物です。
没後、彼を記念して作られた「イザイ国際コンクール」があの「エリザベート王妃国際音楽コンクール」ですからウジェーヌ・イザイの影響力が伺い知れます。

ヤッシャ・ブロツキー氏はヒラリー・ハーンさんが入学する頃は80歳を超えていて、89歳で亡くなるまでの間、ウジェーヌ・イザイから学んだヴァイオリンの技術・表現力を10代のヒラリー・ハーンに指導した訳です。

その後ヒラリー・ハーンさんはハイメ・ラレード氏、フェリックス・ガリミール氏、ゲイリー・グラフマン氏に師事し、室内音楽についても力を入れました。

ヒラリー・ハーンのオーケストラとの共演歴

もちろんプロとして活躍してからは数々の世界有数の交響楽団と共演をしている訳ですから今回は若き日の経歴に絞ります。

■ヒラリー・ハーンのオーケストラとの共演歴

  • ボルティモア交響楽団(1991年※当時12歳)
  • クリーヴランド管弦楽団
  • ピッツバーグ交響楽団
  • フィラデルフィア管弦楽団
  • ニューヨーク・フィルハーモニック
  • バイエルン放送交響楽団(海外デビュー)
  • フィラデルフィア管弦楽団(1996年カーネギーホールデビュー)

12歳でメジャーオーケストラとの共演を果たし、その5年後にはカーネギーホールでソリストとして演奏する訳ですから10代の頃から華々しい活躍を見せているのがわかりますね!

ヒラリー・ハーンのコンクール受賞歴

これだけ若くして活躍しているヒラリー・ハーンさんですから世界的なコンクールで優勝経験があるかと思えば・・・。

何とないのです。

出場したかどうかは定かではありませんが、きっと若くしてこれだけ活躍している訳ですからコンクールに出場する必要がなかったのかも知れません。

ちなみ受賞歴でいえば2003年にグラミー賞を受賞しています。
クラッシク音楽の域を超えた活躍ですね~。

ヒラリー・ハーンのヴァイオリニストとしての特徴や評判

端正な音色、圧倒的なテクニック、幅広い解釈、豊富なレパートリー・・・。
線密な世界を創る演奏力は現役でも随一です。
Twitterでの評判も良いですね。

ヒラリー・ハーンの現在の活動(2018年11月現在)

2018年12月には日本でコンサートをやってます!
12月3日~16日まで日本各地でヒラリー・ハーンの生演奏が堪能できます!

その後は年内は韓国、年明けからはヨーロッパを回るようです。
世界トップクラスの演奏家は世界を飛び回ってますね~。

ヒラリー・ハーンのおすすめ動画

クラペン
クラペン
協奏曲と無伴奏を紹介するよ!

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲

ヴァイオリン協奏曲の中でも特に有名なメンデルスゾーンの曲。
優雅で繊細な演奏ですね。

J・S・バッハ:サラバンデin Dマイナー

オーケストラとの共演の動画の次は無伴奏でのソロを。
無伴奏故にヴァイオリンの多彩な表現が堪能できる演奏です。

ヒラリー・ハーンのおすすめCD

クラペン
クラペン
最新アルバムはデビュー以来のバッハの無伴奏です!

バッハの無伴奏(デビューと最新アルバム)

ヒラリー・ハーンは16歳の時にデビューアルバムをリリースしてます。
それが『ヒラリー・ハーン デビュー! J.S.バッハ:シャコンヌ』という無伴奏のアルバムで2018年10月に発売したばかりの最新アルバム『プレイズ・バッハ』も同じくバッハで無伴奏。

伴奏なしの演奏だと少し味気ないと思われるかも知れませんが・・・。
(特にクラシック音楽初心者)
ヴァイオリンの線密な表現力がダイレクトで伝わるのでなかなか良いですよ!

Retrospective

ジャケットのデザインから選曲まで全てヒラリー・ハーン本人が手掛けたベスト盤です。
ヒラリー・ハーンの最初の1枚として最適かも知れません。
過去に収録された曲ばかりでなく初出のライブ音源もありますので既にヒラリー・ハーンのアルバムを何枚か持ってる人でも買って損はないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ヴァイオリンはクラシック音楽の花形楽器の一つ。

現役の実力派のヴァイオリニストからクラシック音楽をせめるのも良いと思います。

以上、「ヒラリー・ハーンを紹介するよ!【バッハ:シャコンヌでデビューしたグラミー賞ヴァイオリニスト】」でした。

クラシック音楽をお得に聴くにはこれ!

クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!
でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。

しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。
今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。
是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください!
新規登録後30日間は無料です。

プライム会員の情報をもっと知る