クラシック ピアニスト

仲道郁代とは【評価・評判・実績や家族構成(夫、娘、姉妹)・おすすめCD等】

ベテランの美人ピアニスト、仲道郁代さんについて紹介したいと思います。
今までの実績から評価・評判、プロフィール(出身地、家族構成)、おすすめCDなどを中心に書いていきますので仲道郁代さんについて気になっている方は是非、ご覧ください。

仲道郁代とは

クラペン
クラペン
ベテランさんですが綺麗な方ですね!

仲道郁代のプロフィール

■仲道郁代の略歴

  • 生年月日:1963年2月13日
  • 出身地:日本(宮城県仙台市生まれ、静岡県浜松育ち)
  • 学歴 :桐朋学園大学
  • 楽器担当:ピアノ
  • 主なレーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ、 日本コロムビア

1963年、宮城県仙台市生まれの静岡県浜松育ち。
ピアノは4歳から始められたそうです。

ピアニストとして頭角を現したのは桐朋学園大学の時、第51回日本音楽コンクール第1位そして増沢賞も受賞しました。
その後もコンクールで実績を重ねて1987年に昭和女子大学人見記念講堂でリサイタルを開き、本格的に音楽活動を始めます。

これまで国内問わず多くのオーケストラと共演し、1999年にはカーネギーホールでリサイタル・デビュー、2001年にはサンクトペテルブルグ、ベルリン・フィルハーモニーホールでコンチェルト・デビューを果たします。

2016/2017年でデビュー30年を迎えたベテランピアニスト。
ピアノ演奏の魅力もさることながら容姿も幾つになっても綺麗な方です。

仲道郁代のコンクール実績

■仲道郁代のコンクール実績

  • 第51回日本音楽コンクール第1位増沢賞
  • ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位
  • メンデルスゾーン・コンクール第1位メンデルスゾーン賞
  • エリザベート王妃国際音楽コンクール5位
  • 村松賞
  • モービル音楽奨励賞を受賞。

国際コンクールでの受賞経験も多数あり、さすが日本を代表するベテランピアニストの実績です。

仲道郁代の家族について(夫・姉妹・娘)

妹が仲道裕子さんでこの方もピアニストです。
姉妹そろってとても美人です。
知名度は姉の仲道郁代さんの方が上ですが、妹の仲道裕子さんも1982年に第36回全日本学生音楽コンクールを皮切りに数々のコンクールで受賞歴を誇る評価の高いピアニストです。

仲道郁代さんは1993年にご結婚されたようですが現在は離婚している模様。
元旦那様は音楽雑誌の記者だったとか。
上項で紹介しております仲道郁代さんの30周年アルバムのPR動画で「子育てから手が離れた」と語っています。
大学生の娘さんがいらっしゃるようですね。

今は大学生になりました。10歳から茶道を一緒に習ってきましたが、今は娘だけお稽古に通っています。お料理も習っていますよ。タイプとしては私の母に似ています。自分で就活して進路を決めると思います。門限は夜11時。帰りが遅いと心配で何度もLINEして玄関で待っています。迎えに行ってあげると言うとやめてと言われて。当然とはいえ、少し寂しいですね。
(NIKKEI STYLEより引用)

「子育てから手が離れた」と言ってますが・・・。
かなり大切に娘さんを育てられていることがわかりますね~。

今まで演奏活動と子育てを両立させてきたことは素晴らしいですね!

仲道郁代さんのおすすめ動画

幻想即興曲


ショパンのピアノ曲の中でもひと際、幻想的で美しい曲です。
仲道郁代さんの演奏前の達観した表情がベテランの雰囲気を漂わせてますね~。
演奏も抑揚があり、美麗です!

ピアノソナタ 月光 第3楽章


ベートーベンの三大ピアノ・ソナタの一つ『月光』の第3楽章の演奏。
この『月光』という曲は第1楽章、第2楽章はゆっくりとしたテンポの曲ですがこの第3楽章から急に激しくなります。
ある意味、第3楽章は演奏の最大の見せ所でもある訳です。
仲道郁代さんの演奏は激しいながらも、どこか品性が感じられます。

仲道郁代さんのピアニストとしての評価・評判は

CMソングやCD、コンサートについてのツィートが幾つかありましたが、評判は良いですね。
国内外問わず、長きに亘り第1線で音楽活動をされてきた方ですから当然、ピアニストとしての評価も高いです。
活動し始めて数年間で高い評価を得るきっかけになったのはシューマンの演奏だったそうですね。

仲道郁代のおすすめCD

シューマン:ファンタジー

created by Rinker
¥2,100
(2019/12/12 18:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

上項の動画でも紹介しております、仲道郁代さんの30周年アルバムです。
仲道郁代さんはデビュー当時はシューマンの演奏で評価を高めたという経緯があるので本アルバム『シューマン:ファンタジー』はいわば原点回帰の作品ですね。

celeste 仲道郁代愛奏曲集

created by Rinker
¥2,213
(2019/12/12 18:30:53時点 Amazon調べ-詳細)

日本のベテランピアニスト、仲道郁代さんの自身の20周年記念アルバム。収録曲は仲道郁代さんの愛奏曲ということもあり、様々な作曲家の有名なピアノ曲なので聴きやすいうえに色んな作曲家の曲を知るきっかけにもなるアルバムです。
仲道郁代さんの最初の1枚としてBESTチョイスになると思います。

ベスト・オブ・ベートーヴェン

created by Rinker
Ariola Japan
¥2,174
(2019/12/12 18:54:12時点 Amazon調べ-詳細)

仲道郁代さんのベートーベンのピアノ・ソナタの演奏も評価が高いですね~。
『ベスト・オブ・ベートヴェン』と題し、2枚のアルバムをリリースされております。
1枚目に『悲愴』『ワルトシュタイン』『熱情』、2枚目に『田園』『テンペスト』『月光』が収録されています。
数あるベートーベンのピアノ・ソナタの曲の中でも人気どころが入ってますね~。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
仲道郁代さんはデビューして30年以上経過するベテランピアニストですが、世界ではマルタ・アルゲリッチやポリーニのように70代後半でも現役で活躍されているピアニストも多いので今後の益々の活躍に期待したいですね!

以上、「仲道郁代とは【評価・評判・実績や家族構成(夫、娘、姉妹)・おすすめCD等】」でした。

クラシック音楽をお得に聴くにはこれ!

クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!
でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。

しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。
今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。
是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください!
新規登録後30日間は無料です。

プライム会員の情報をもっと知る