ラフマニノフ有名ピアノ曲

ラフマニノフのピアノ作品おすすめ10選【ピアノ独奏曲、協奏曲など】

ロシア出身の偉大な作曲家であり、20世紀を代表するピアニストでもあるラフマニノフのおすすめピアノ作品(独奏曲・協奏曲)をご紹介します。
ピアニストとしても有名なラフマニノフですからピアノ曲は彼の代表曲ともいえる曲が目白押しです!
実際の演奏も聴ける動画もありますので是非、ご覧ください。

ラフマニノフのおすすめピアノ作品①

クラペン
クラペン
重厚な出だし!

鐘(前奏曲嬰ハ短調)

ラフマニノフの出世作ともいわれる曲です。
モスクワ音楽院を卒業して音楽家として活動を始めた頃の話。
ちょうどモスクワ電気博覧会が開催されていて、その祝賀会で『 鐘(前奏曲嬰ハ短調)』の演奏を披露したのですが・・・。
その時に大絶賛され、長くラフマニノフの代表曲として愛される曲となりました。
菊池文子さんの演奏でご堪能ください。


『 鐘(前奏曲嬰ハ短調)』について詳しく書いた記事もありますので合わせてご覧ください。

ラフマニノフの鐘(前奏曲嬰ハ短調)を紹介するよ【フィギュアの浅田真央さんが使用した曲】ラフマニノフの『鐘(前奏曲嬰ハ短調)』をご紹介します。 この曲はラフマニノフが音楽家として名声を得るきっかけになった曲でもあり、ラフマ...

ラフマニノフのおすすめピアノ作品②

クラペン
クラペン
エレジー(悲歌)というタイトルがピッタリ~

エレジー

日本語に訳すと『悲歌』。
タイトルからして切ないですね~。
ロシア音楽はどこか哀愁を帯びたメロディが特徴であるのですが『エレジー』もその例に漏れず儚げな印象の曲です。
演奏は長富彩さん。とっても美しい演奏です。


『エレジー』を取り上げた記事もありますので、こちらも合わせてご覧ください。

ラフマニノフ のエレジーを紹介するよ!【切ないメロディが胸を打つ】解説・視聴動画・おすすめCDラフマニノフのピアノ独奏曲『エレジー』のご紹介です。 日本語に訳すと『悲歌』。一体どんな曲なのでしょう・・・。 『エレジー』に関する...

ラフマニノフのおすすめピアノ作品③

クラペン
クラペン
ピアノ協奏曲の最高傑作!

ピアノ協奏曲第2番

ピアノ協奏曲の完成形とも言われるほど超有名な曲です。
映画にたびたび使われ、日本ではクラシック音楽を題材にした人気マンガ・映画『のだめカンタービレ』にも使われました。
聴いてみていただくと「知ってる曲!」となると思います。
演奏は日本を代表するピアニスト、辻井伸行さんです。


ピアノ協奏曲を取り上げた記事もありますので、こちらも是非ご覧ください。

ラフマニノフのピアノ協奏曲を紹介するよ!【第2番はのだめや映画でも有名】ラフマニノフのピアノ協奏曲についてご紹介します。 作曲家としてだけでなくヴィルトゥオーゾ(超絶技巧を持った演奏家のこと)と呼ばれるくら...

ラフマニノフのおすすめピアノ作品④

クラペン
クラペン
技巧派は2番よりこちらが好み!

ピアノ協奏曲第3番

ラフマニノフが母国ロシアで音楽家として名声を確立したの頃の作品です。
先にご紹介しました第2番ほど有名ではありませんが、曲の難易度はこちらの方が高く、聴き応えはあります。
こちらも辻井伸行さんの演奏で!


ピアノ協奏曲を取り上げた記事はこちら!

ラフマニノフのピアノ協奏曲を紹介するよ!【第2番はのだめや映画でも有名】ラフマニノフのピアノ協奏曲についてご紹介します。 作曲家としてだけでなくヴィルトゥオーゾ(超絶技巧を持った演奏家のこと)と呼ばれるくら...

ラフマニノフのおすすめピアノ作品⑤

クラペン
クラペン
ヴォカリーズの代名詞的な曲!

ヴォカリーズ

ヴォカリーズとは「歌詞のない歌曲」のことを指します。
「ア~ アア~♪」って感じですね。
通常、ヴォカリーズは発生練習に用いることが多いのですが、ラフマニノフのヴォカリーズは甘美なメロディでとても有名です。
色んな楽器での編曲版が出ており、中でもピアノ独奏版は『ヴォカリーズ』の甘美なメロディに見事にマッチしてます。
ユジャ・ワンさんの演奏でお愉しみください。


ヴォカリーズについての記事もありますので合わせてご覧ください。

ラフマニノフのヴォカリーズを紹介するよ!【ピアノ独奏版】数々の楽器に編曲された歌曲ラフマニノフの『ヴォカリーズ』のご紹介です。 本曲、もともとは歌曲ですがピアノ版をはじめとした色んな編曲版が存在します。 今回は『ヴ...

ラフマニノフのおすすめピアノ作品⑥

クラペン
クラペン
テレビ・映画でもお馴染み

パガニーニの主題による狂詩曲(第18変奏)

特に第18変奏の部分が甘美なピアノと雄大なオーケストラの演奏で有名な曲です。
テレビ・映画でも良くBGMとして使われます。
本来はピアノ独奏曲ではありませんが、YouTubeでお馴染み横内愛弓さんのピアノソロをご堪能ください。


パガニーニの主題による狂詩曲についての記事もありますので合わせてご覧ください。
ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲を紹介するよ【第18変奏は映画でもおなじみ】ラフマニノフの『パガニーニの主題による狂詩曲』のご紹介です。 25部からなる変奏曲形式のピアノとオーケストラの協奏的狂詩曲で全曲通して...

ラフマニノフのおすすめピアノ作品⑦

クラペン
クラペン
技巧派ピアニストのレパートリーに欠かせない!

楽興の時 第4番

『楽興の時』は非常に難易度の高い6曲からなるピアノ独奏曲集。
1896年の作品ですからスランプに陥る直前に作った曲となりますね。
今回ご紹介しているのは第4番の『プレスト』。情熱的な曲ですがラフマニノフの曲らしくどこか哀愁の帯びた印象も感じさせます。

ラフマニノフのおすすめピアノ作品⑧

クラペン
クラペン
2台のピアノで奏でる組曲

舟歌

『舟歌』は2台のピアノのための組曲第1番『幻想的絵画』の第1楽章。
この組曲は同郷の先輩作曲家であるチャイコフスキーに献呈され、チャイコフスキーも初演は聴きに来る予定でしたが、その5週間前に他界してしまったという悲しいエピソードがあります・・・。
ピアノ2台で奏でる演奏は鮮やかですがやはりラフマニノフの曲特有の哀愁を感じさせる曲です。

ラフマニノフのおすすめピアノ作品⑨

クラペン
クラペン
難易度の高いエチュード

音の絵作品33

『音の絵』作品33は1911年に作曲され、1914年に出版されたラフマニノフのピアノ独奏曲のエチュード。
ラフマニノフ自身、ヴィストリオーゾに相応しい超技巧派ピアニストでしたが、この『音の絵』作品33も非常に難易度の高いことで有名です。
特に同郷のロシアの技巧派ピアニスト達にとっては絶好のレパートリーになってます。

ラフマニノフのおすすめピアノ作品⑩

クラペン
クラペン
作品33と関連性もあるよ!

音の絵作品39

続きまして『音の絵』作品39をご紹介します。
こちらはラフマニノフがロシア在中の時に作った最後の曲集となります。
作品33に続き、難易度が非常に高いエチュードです。
また『作品39』に関してはエチュードらしく!?ラフマニノフ特有の哀愁を帯びた叙情的な旋律でない曲が多いです。
特に第6曲が有名で「赤頭巾ちゃんと狼」と表現され、逃げ惑う子供に押し寄せてくる恐怖をユーモア交じりに描いた曲になっています。

まとめ

20世紀を代表する作曲であり、ピアニストのラフマニノフのおすすめピアノ曲をご紹介してきましたがお気に入りの曲はありましたでしょうか?
哀愁を帯びたお洒落な曲が多いので大人な雰囲気のクラシック音楽を探している方にはピッタリだと思います。

以上、「ラフマニノフのピアノ作品おすすめ10選【ピアノ独奏曲、協奏曲など】」でした。

クラシック音楽をお得に聴くにはこれ!

クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!
でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。

しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。
今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。
是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください!
新規登録後30日間は無料です。

プライム会員の情報をもっと知る