クラシック音楽人物伝

ロマン派を代表するオペラ作曲家について【代表曲や時代背景も併せて紹介】

ロマン派時代を代表するオペラ作曲家についてご紹介したいと思います。
クラシック音楽のジャンルが多様化したロマン派音楽の時代においてヨーロッパ各地でオペラも発展していきました。
今回はロマン派の時代に活躍したオペラ作曲家と代表曲、時代背景について書いていきたいと思います。

ロマン派を代表するオペラ作曲家について

ロマン派音楽についても別記事がございますので興味のある方は合わせてご覧ください。

ロマン派音楽の特徴・有名な曲・活躍した作曲家などの歴史を知ろう!今回はロマン派と言われる時代の音楽についてご紹介したいと思います。 楽聖ベートーベンがロマン派の幕開けをしたと言われますが・・・。 ...

イタリアオペラの作曲家

ロマン派時代においてロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニがイタリアオペラを盛り上げました。
作品の特徴は作曲家によって異なります。

ロッシーニ

1792年 、イタリアのペーザロ生まれ。
コミックオペラが得意で当時の大衆や音楽家たちに大変人気があったようです。
豊かな創造力で素晴らしいメロディをつくり、同じフレーズを何度も繰り返し、徐々に音高を上げて聴衆を盛り上げるのが得意な作曲家でした。
ただロッシーニは素晴らしい才能を持っていましたが、怠け者でも有名で他の曲のメロディをパクッて再利用することもあったとか。
「同じフレーズを何度も繰り返し・・・」というのも効果的な演出ではありますが、単に怠けたかっただけかも知れませんね~。

ロッシーニは後にフランスに拠点を移し「グランドオペラ」の先駆けとなりますが、イタリアで作ったオペラの代表作品としては『セビリアの理髪師』、『セミラー・ミデ』が挙げられます。

ドニゼッティ

1797年、イタリアのベルガモ生まれ。
70作を超えるオペラを作曲しました。
父親からは法律家になることを期待されましたが、父から離れるために軍隊に入り、兵籍のまま作曲を続けるという変わった経歴の持ち主。
聴衆に寄り添ったわかりやすいメロディを信条とし、歌手の魅力を充分に引き立てることが得意でした。

70作を超える作品を手がけましたが現在、上演されているのものはそれほど多くない模様。
その中で代表作品に挙げられるのは『愛の妙薬』『ラマムアのルチア』など。

ベッリーニ

1801年、シチリア島・カターニア生まれ。
短命だったため(33歳没)オペラ作品は10曲のみとなります。
父親も祖父も音楽家という筋金入りの音楽家系で育ち、何と作曲手法を学ぶ前に作曲を始めていたという神童でした。
作風は大衆よりではなく、貴族受けする洗練されたもので重厚なストーリー、豊かな情感が売りでした。
曲数や作風について上項で紹介しておりますドニゼッティと好対照ですね~。

代表作品は『ノルマ』、『清教徒』などです。

グランド・オペラの作曲家

グランド・オペラとはロマン派時代のパリ、歴史的にいうとちょうど7月王政期の頃に確立されたオペラです。
この頃のパリには裕福層が集まってきており、今までの貴族の代わりに文化の担い手になろうとしていました。
この裕福層に贅沢な芸術を堪能してもらおうと確立されたのがグランド・オペラです。
通常のオペラに加え、機械仕掛けやバレエ、合唱などあらゆる手段を融合した贅沢極まりない仕様となってます。
グランド・オペラの代表的な作曲家は上項のイタリアオペラで紹介したロッシーニ(ウィリアム・テルはグランド・オペラの先駆けと言われている)、マイアーベーア、アレヴィなどが挙げれます。
本記事ではマイアーベーアをご紹介いたします。

マイアーベーア

1791年、ベルリン生まれ。
裕福な銀行家の家庭で育ち、ドイツ時代は当時の音楽界の重鎮であるクレメンティやアントニオ・サリエリ、ツェルターに師事し、音楽を学びました。
サリエリの勧めでイタリアに赴いた際にロッシーニの歌劇『タンクレーディ』を聴いて感動し、オペラ作家を目指すようになります。
パリに移ってからは当時の流れに乗り、独唱、合唱、管弦楽を駆使し、ガス灯や電気照明などの最新鋭の舞台効果も取り入れグランド・オペラを確立しました。

代表作品は『悪魔ロベール』、『ユグノー教徒』。

ドイツ・ロマン主義オペラ

ロマン派時代のドイツでは民話や民謡などの独自の文化への関心が高まってきます。
まずはドイツ語で歌い、台詞は普通に話すジングシュピールが流行します。
このジングシュピールに民族的な要素をより強めにしたのがドイツ・ロマン主義オペラと呼ばれています。
作品の題材として中世の歴史、伝説を取り入れ、神秘的・幻想的な舞台を演出するのがドイツ・ロマン主義オペラの特徴。
代表的な作曲家はウェーバーです。

ウェーバー

1786年、現在のドイツ・リューベック近郊のオイティーン生まれ。
従妹にモーツァルトの妻、コンスタンツェがいます。(23歳年上)
それも関係してか?古典派時代の超有名音楽家モーツァルトの伝統的なオペラを引き継ぎつつもドイツ独自の民族的要素を取り入れたドイツ・ロマン主義オペラを確立させます。
代表作品は『魔弾の射手』、『オイリアンテ』

ヴェルディとワーグナーでロマン派オペラの集大成へ

上項で紹介したグランド・オペラは今では殆ど観ることができませんが後のオペラの大作曲家に大きな影響を与えます。
イタリアのヴェルディとドイツのワーグナーです。
またドイツ出身のワーグナーはドイツ・ロマン主義オペラのウェーバーが確立した形式の流れも受け継いでいます。

ヴェルディ

ヴェルディは1813年生まれ。
イタリア・オペラに変革をもたらしたとされる現在においてもオペラの歴史上、最重要人物とされています。

イタリアは古くは多くの国に分かれた連合体でした。
現在でもその名残があるのか北部と南部とでは雰囲気が違うようですね。
クラシック音楽史上でいうロマン派時代、即ち19世紀半ば頃にはイタリアなこの複数に分かれた国を統一し、より強いイタリアをつくろうという動きが出てきます。
そのことをリソルジメント(復興運動)といいますが・・・。

「逃れられない運命」やら「国を背負った宿命」・・・。
こういったドラマをつくるのが得意な作曲家のヴェルディですが、その作品の根底にはイタリア統一への熱き想いがあったとされています。
実際にイタリアの統一が成し遂げられた後、国会議員にもなってますw

代表作品としては『リゴレット』『椿姫』『アイーダ』『オデロ』など
クラシック音楽にあまり詳しくない方でもタイトルくらいは聴いたことがあるかと思います。

ワーグナー

1813年、ドイツ生まれ。
ロマン派オペラの頂点であり、オペラからさらに自身の理想を追求した『楽劇』なるものを提唱し、オペラを単なる娯楽ではなく総合芸術であることを目指しました。
また他のオペラ作曲家との違いは自分で台本やプランまでもこなしたといところ。

ワーグナーはう9人兄弟の末っ子ですが生後半年で実の父親が無くなり、その後にすぐに再婚する義父と母親に育てられます。
その義父がユダヤ人の俳優、母も昔は女優を目指していたようで、そんな関係から兄弟たちも俳優や歌手になることが多かったようです。
芸能一家ですね~。

しかしワーグナーは幼少期には特別に音楽の教育は受けていません。
9歳の頃にドイツロマン主義オペラの項でご紹介したウェーバーの『魔弾の射手』を観て感動し、オペラに興味を持つようになります。
特別に音楽の教育を受けていないワーグナーでしたが、オペラの興味を持つようになってからというもの自己流でオペラの序曲を弾くようになりました。
やっと両親がワーグナーの音楽の才能に気づき、11歳の頃に本格的にピアノ教師に習うことになります。

15歳の時にはベートーベンの交響曲第9番を聴いたことがきっかけで、ますます音楽にはまり本格的に作曲を勉強することになります。
通常は習得に4~5年かかる作曲の基本理念・テクニックをワーグナーはわずか半年で習得したそうです。
クラシック史上、幼少期から才能を見出されて英才教育を受けて「神童」や「天才少年」と呼ばれた作曲家は数多くいますが、ワーグナーはろくに教育を受けずにすくすくと才能を伸ばした本当の意味で天才だったかも知れません。

オペラ作曲家としてデビューしてからも売れない頃から浪費家で莫大な借金があったり、数多くの女性の浮気を繰り返したり、非常にスキャンダラスな人生を送った方でもあります。
代表作品は『さまよえるオランダ人』『タンホイザー』『ニーベルリングの指環』など。
『ニーベルリングの指環』は上演に4日間、計15時間を要する超大作です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ロマン派以降もオペラは上演され続けてますが、オペラ以外にも色んな舞台が誕生し、20世紀になると映画も普及しました。
ロマン派時代がオペラの全盛期であり集大成された時期と言えるかも知れません。

以上、「ロマン派を代表するオペラ作曲家について【代表曲や時代背景も併せて紹介】」でした。

クラシック音楽をお得に聴くにはこれ!

クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!
でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。

しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。
今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。
是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください!
新規登録後30日間は無料です。

プライム会員の情報をもっと知る